スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.01.18 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    儲からないホテルの共通点

    0


      こんにちは!! お久しぶりです。

      暑くて外を歩くのもやっとですね。

       

      オーナー様に一言ご忠告です。

      売上が低迷し、【コンサルタント】又は【運営会社】に依頼しようか迷われた時に、多くの経営者の方々は社員さんに相談するようですが、それは正しい方法とはいえません。社員さんはあくまで経営者ではありません。

      ましてや、自分が管理責任者であるホテルの売上が悪化し、コンサルタントや運営会社を入れてしまうと、自分の立場がなくなりますので必ず反対されます。

      よくあるパターンは『色々業者に聞いてみましたが、あの会社のいい話聞きませんよ。騙されますから、社長気をつけてください。』などというのが多いようです。

      オーナー様からご依頼されて指導が開始されてからも、かなり抵抗される事が少なくありません。

      ちょっと思い当たる経営者様がおられましたら、冷静に判断してみてくださいね。

      反対する人間がいて、売上が上がらないからプロにお願いしようと考えた事を。そして、行動は早いほうが良い事を。手遅れになる前に・・・。

       

      さて本題に入りましょう。本日は儲からないホテルの共通点をお話します。

       

      貴方はホテル経営者又は店長(責任者)として、忙しいですか?
      もし「毎日毎日、てんてこ舞いだよ」ということでしたら、大問題です。

      まぁ、普通に考えてみれば・・・。

      儲からないホテル=お客様が少ない=ホテルの消耗も少ない=問題もおきにくいから経営者もヒマな筈です・・・。
      儲かるホテル=千客万来=従業員も多く、消耗も故障も増える=問題山積だから経営者も忙殺される筈ですよね。

      でも、事実は全くの逆です。
      儲かっているラブホテルの経営者は、優雅にゴルフに興じていたりするのですが、それとは逆に、儲からない駄目ホテルの経営者は、日夜問題の収集に追われているのですね。

      何故だと思われますか?

      実は、ここには重要な考え方に対する違いがあるのです。

      それは、対処作業の優先順位です。

      ホテルに限らず事業の現場では、絶えず何か問題が起きています。
      その問題に気が付くかどうかは、また別の次元です。
      でも、確実に問題は発生し続けます。
      事業現場とはそういうものなのです。
      もし、何も問題が起きないとしたら・・・発生している事に気が付かないか、事業の発展が停滞しているか後退しているからでしょうし、それは、立派な問題の発生です。

      事業現場で発生する問題の殆どは・・・
      重要な問題
      緊急な問題
      重要で緊急な問題
      重要でも緊急でも無い問題
      の4種類に分類されます。

      さて、そんな事業現場を預かる貴方は、どこから手をつけますか?
      きっと、
      の〔重要で緊急な問題〕が最初でしょうね。
      では次は?
      ここで差が出ます。
      もし貴方が、
      の〔緊急な問題〕を選んだとしたら・・・
      残念ですが、ホテルは儲からなくなるかもしれませんし、あなたは、いつまでも忙しく問題の対処に奔走する事になるでしょう。

      「何? 緊急なのだろう! すぐにやんなきゃ駄目じゃん!」と言われそうですね。
      確かに、それはそうなのですが、問題は【貴方がやるべきか?】です。
      の〔緊急な問題〕は、言い換えれば【緊急性は高いが、重要性は低いか無い問題】です。
      〔重要で無い問題〕とは、〔結果が重要で無い〕ということです。
      ですから、何も現場の指揮官がやる必要は無いのです。
      つまり、誰かに任せてやらせれば良いのです。
      従業員に出来る人間がいなければ、外部に依頼すればいいのです。
      それなのに、責任指揮官自らが重要で無い緊急課題の対処に廻ってしまうと、大変な事が起きてしまいます。

       

      それは・・・
      の〔重要な問題〕が後回しになることです。
      それでも、ちゃんとやればまだ良いのですが・・・得てして
      〔重要で緊急な問題〕と〔重要ではないが緊急の問題〕の処理を終えた頃には
      もう相当に時間が過ぎてしまっています。
      多分、すっかり疲れてしまっているかもしれません。
      〔緊急な問題〕を二つも処理したのですから、満足感にもひたっているかも知れません。
      もう、そろそろ帰宅する時間です。
      まぁ、〔重要な問題〕とは言っても〔緊急性は低い〕ので慌てる必要はありませんよね。
      って言う事で、この〔重要な問題〕は明日処理する事になります。

      でも、忘れていませんか?

      事業現場では、常に問題は起きるものです。
      そう毎日ではないかもしれませんが、必ず問題は起きてきます。

      翌日に処理しようと思っていた〔緊急ではないが重要な問題〕を処理しようとしても、翌日には、新たな〔緊急で重要な問題〕や〔緊急な問題〕が起きるのです。
      そうすると、貴方は昨日と同じように〔緊急で重要な問題〕から処理を始めます。
      そして・・・昨日の〔重要な問題〕は、又も明日に回されていきます。

      そんな経験はありませんか?

      大問題と申し上げたのは、この先の事です。
      あの、処理してもらえなかった〔重要だが緊急では無い問題〕が、時間の経過と共に変化するのです。

      何になると思います?

      あの時点では、問題が表面するまでに時間的余裕があったから、緊急性は低かったのですが・・・
      もはや、その時間的余裕は消費されてしまったのです。
      つまり、あの〔重要だが緊急では無い問題〕は〔重要で緊急な問題〕に変化して、明日あたり、事業現場に浮上してくるのです。

      そして、貴方は浮上してきた〔重要で緊急な問題〕の対応に追われるのです。
      そうするうちに、またもや貴方は〔重要だが緊急では無い問題〕の処理時間を失い、また、明日に回すのです。

      この対応処理を延期された〔重要だが緊急では無い問題〕は、やがてその時間的余裕を使い果たして〔重要で緊急な問題〕に生まれ変わり、いつか事業現場に浮上してきます。

      そしてこの悪い循環が習慣化していきます。
      そうなると事業現場には、毎日浮上してくる〔重要で緊急な問題〕を対処する事しか出来なくなり、〔重要な問題〕をいつも先送りする風潮が根付きます。

      そしていつしか、ホテルはお客様の評価を落としてしまいヒマになるのですが、経営者は忙しいままで、問題の対応処理に追われているので新たな改善策を考えたり、具現化する事も出来ません。

      これでは、ホテルは潰れてしまいます。

      では、どうするべきなのか!

      最初に着手するべきなのは、もちろん〔重要で緊急な問題〕ですが、次に行なうべきは、〔重要でなく緊急な問題〕を誰かに任せ、〔緊急ではないが重要な問題〕の対処を優先するのです。

      ただし、スタッフに任せた作業の結果を確認しましょう。

      要は〔重要な問題〕の処理を先に延ばさないことが重要なのです。

      このことが習慣化されると、事業現場に浮上してくる〔重要で緊急な問題〕は激減し、いつも〔重要で緊急で無い問題〕処理が出来るようになり、やがては、その問題もめっきりと発生頻度は少なくなってきます。

      そう言うホテルは、お客様も順調に増加して〔儲かっているホテル〕になりますし、そこの店長や指揮官たる経営者は、優雅に時間を楽しむことが出来るようになるのです。

      弊社でコンサルタントをお引き受けして、このように処理システムを調整すると、早ければ1年、遅くても2年以内に問題発生率がガクンと落ちてきます。
      なぜ、それほど時間が掛かるかといえば、重要な問題が溜まりに溜まっているからですが、それも、我々スペシャリストがドンドンと処理していくからです。

      皆さんも、問題の対応処理の優先順位には、くれぐれもご注意下さい。
      もし「もう、自分達では収拾がつかない」と思われたら、どうぞご相談下さい。

      何かのヒントを示して差し上げられると思います。


      スポンサーサイト

      0
        • 2013.01.18 Friday
        • -
        • 14:57
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック